仕事紹介

分析技術グループ

分析技術グループ

分析技術グループは、オオスミの中で歴史が長いグループの1つであり、日々「分析」を主として活動しています。
分析技術グループの役割は、「ある物象(状態)をさまざまな手法を活用しながら、数値で表現し、地球で暮らす人々に客観的である数値データを提供していく」こととなります。
では、どのようなものを対象としているのかというと、水質、土壌、建設発生土、産業廃棄物、絶縁油PCB、排ガス、作業環境、室内空気環境、さらに材料や異物など固体・液体・気体のあらゆる形態のものを多岐にわたり分析しています。
これからも蓄積した経験と実績をもとに、難易度の高いサンプルにも果敢に挑戦し、活動していきます。

調査第一グループ

調査第一グループ

学生時代、研究室で経験した化学分析に興味を持ち、オオスミに入社しました。
現在所属する調査第一グループでは、主に建設事業関係に関わる、『土壌調査』、『アスベスト調査』及び『PCB処理調査』を行っています。我々の業務は、依頼された調査測定結果を報告するのみではなく、その先にある問題やリスクを失くせるよう提案を行っています。そのために、各グループ員が、幅広い知識・経験をもつプロの技術者集団となれるよう取り組んでいます。

調査第二グループ

調査第二グループ

平成4年入社で、25年目の春を迎えた調査第二グループ長の高橋です。
調査第二グループでは、主に空気、騒音・振動を対象としており、屋外では大気質や騒音・振動、悪臭、ばい煙等、屋内では作業環境や室内空気環境等の測定を行っています。また工場等の省エネ調査も実施しており、海外でも活動しています。お客様は行政や製造業、サービス業、建設業、コンサルタント等、幅広いです。このように様々なお客様に高品質のサービスを提供するため、グループ員には常に調査の目的を意識して行動するよう指導しています。
苦労も多い仕事ですが、その苦労をやりがいに変えて、成長し続ける技術者集団になることが調査第二グループ長としての目標です。

営業グループ

営業グループ

環境に役立つ仕事がしたい、地元に役立つ仕事がしたいと全く異なる業界から転身しました。
営業グループとして、お客様や市場に最も近いところに位置し、技術グループと連携し当社サービスの提供を行います。若く、明るく、真面目なグループメンバーと会話すること、フィードバックすることを心がけ、チームとして最大の力が発揮できるよう努めています。社内メンバーから「営業なんて興味なかったけど、一緒に頑張ってみたい!」と思われる部署にしていきたいと思っています。そうなれば、きっとお客様にも魅力を感じて頂けるチームとなり、当社フアンのお客様も増やせるものと思っています。

総務グループ

総務グループ

総務グループは、総務・人事・経理の業務を行っています。
スタッフ業務は、正確なことが重要なのは言うまでもありません。信頼を得られなければ存在意義がないといってもよいでしょう。しかし一方で、社会的責任の重要性が増してきているように、事務ワークだけではスタッフ機能は果たせません。企業を取り巻く社会情勢の変化を積極的に取り込んだ動きも必要になってきます。グループのメンバーには、できる限り外部と関わる機会を増やすように伝えています。グループのマネージメントとして、まずは信頼、そして行動へとストーリー描きながら実績を積んでいけるようにリードしていきたいと考えています。