オオスミBLOG スタッフが現場の様子をお届けオオスミBLOG スタッフが現場の様子をお届け

すべての記事

真夏のオオスミンピック2018~団結しちゃうんだから~開催!!!

2018/09/19

 年々気温が上昇し、日本列島も今年の夏は太平洋高気圧とチベット高気圧のダブル高気圧に覆われ、猛暑日が連日続きました。そんな中、オオスミでは50年の歴史で初めての運動会を開催いたしました。 事前準備がすべて  親睦会が主催する会社行事は、新入...

続きを読む

作業場の環境改善は基本が大事

 オオスミが実施している作業環境測定の単位作業場所は、年間1500件以上にもなります。その中の約2%が、第3管理区分と評価される環境が悪い作業場です。そのような作業場では、環境が悪くなる共通する要因があります。 今回は、その共通する要因をご...

続きを読む

『食品ロス』とは?

 最近、SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))などから関心が高まっている食品ロスについてご紹介したいと思います。 まだ食べられるのに廃棄される食品  食品ロスを簡単に言うと、「食べられる...

続きを読む

土壌ガス調査のはじまり

 土壌汚染対策法に基づく土壌汚染状況調査において、土壌中の気体を採取し、法に規定される第一種特定有害物質(揮発性有機化合物)を測定する土壌ガス調査を実施することがあります。 今回は、オオスミではじめて土壌ガス調査を実施しだした当時のエピソー...

続きを読む

原理は簡単な重量差分析

 普段から、化学や測定・分析というものに触れる機会がなければ『環境分析』と聞くと難しそうだと感じるかもしれません。しかし、環境分析の中には簡単で単純な原理を用いて分析をする項目もあります。 今回は、その中の重量差分析をご紹介します。 原理が...

続きを読む

石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアルの重要なポイント

 平成30年3月に「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針」に基づく石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル【2.20版】が改訂されました。 今回は、建築...

続きを読む

換気のススメ ~効率の良い換気編~

 オオスミでは、建築物の新築時や改修時に実施する、室内空気中化学物質の濃度測定(以下、室内空気環境測定)を行っています。室内空気環境測定を行う際は、事前に十分な換気を行っておくことが重要になってきます。 ここで皆さんに、換気についての問題を...

続きを読む

福島で自然環境について考える

 私は愛知県出身なので、休日にはよく岐阜や長野に両親や友人と山登りに出かけていました。 社会人になってから数年はそうした機会も少なかったのですが、数年前から再び山に登るようになりました。 誘われると行きたくなる  きっかけは福島で被災地の復...

続きを読む

『悪臭・臭気の原因調査・対策の勉強会』を始めました!

 オオスミが現在力を入れている業務の一つに、『悪臭・臭気の原因調査・対策』があります。これまでにマンション等の住宅の異臭調査や臭気分析、火災臭の除去、飲食店の悪臭対策工事、シックハウス超過物質の除去等を行って来ました。 日々、お客様からのご...

続きを読む

環境計量士合格体験記

環境計量士の資格の意義及び取得方法  適正な計量証明事業を運営するにあたり、また計量証明書を発行する際には計量士の資格を有している者の配置が条件となっています(計量法、法第107条他)。 環境計量士になるためには様々な方法がありますが、私は...

続きを読む

有機溶剤作業主任者講習を受講して

 2018年1月に、有機溶剤作業主任者講習を受講してきました。受講時に感じたことや、受講後に考えたことについてお話しさせていただきます 作業主任者とは  労働安全衛生法やその他関連法により、労働災害を防止するために、高圧室やボイラー、放射線...

続きを読む

「ゴーヤだって冷やして欲しい?」包んでパワーアップ!

 オオスミでは夏になると、分析室の外につる性の植物を植え、「緑のカーテン」を作っています。昨年の夏、ゴーヤたちの過酷な環境を少しでも和らげようと考え、つぎのようなものを設置しました。 1.プランターと壁との間に雨どいを設置2.雨どいの水に浸...

続きを読む

計量証明事業所の役割

 オオスミは環境計量証明事業者として、環境法令等に関する大気、水質、土壌中の濃度、騒音などの音圧レベル、および振動加速度レベルの分析・測定を実施して計量の結果を証明しています。証明とは、一定の法的責任を伴ってその数値が真実であることを公に又...

続きを読む

新鮮な目線③「中部水再生センター」

2018/06/20

連載の3番手は、再び川村、千葉、二宮の3名で、中部水再生センターの見学レポートをします。 水再生の仕組み  私達の生活等で排出された水はどのような経路をたどっているかご存知ですか? 汚れた水は下水道を通って、水再生センターへと流れて行きます...

続きを読む

新鮮な目線②「港湾空港技術研究所」へ

2018/06/13

 連載の2番手は、西村、大久保の2名で、港湾空港技術研究所の見学レポートをします。 港湾空港技術研究所は港湾・空港の設備など、それらが位置する沿岸域や海洋に関する研究を1946年から行っています。世界水準の研究を行うことで、世界に貢献するこ...

続きを読む