マイクロプラスチック(MPs)調査

採集から分析まで一貫対応

近年、プラスチックごみによる海洋環境や生態系への影響が懸念されています。
オオスミでは、長年培った環境分析の経験を活かし、マイクロプラスチックの現場採集、試料からプラスチック片を採取、材質判定、サイズ計測、写真撮影まで、一貫体制で対応いたします。
何から行ったらよいかわからない場合も、まずはご相談ください。

マイクロプラスチック調査の流れ

1 マイクロプラスチック採集

フィールド経験豊富な技術者が対応します。
マイクロプラスチック採取器『アルバトロス』(㈱ピリカ)を使ったサンプリングも対応可能です。

  • 水のサンプリング
  • 水のサンプリング
  • 砂のサンプリング

2 前処理及びピッキング

必要に応じて、ふるい分けや比重分離、酸処理などを行い、夾雑物とマイクロプラスチックを分別します。

3 サンプル観察・サイズ計測

実体顕微鏡による観察や撮影及びサイズ計測を行います。

4 マイクロプラスチックの材質判定

顕微FT-IR等を用い、スペクトル解析により材質(ポリエチレン、ポリプロピレンなど)を判定いたします。