不動産業の皆様

安心できる不動産物件の見極めに

土地履歴調査 Phase1

購入対象土地の使用履歴を確認する調査です。
購入検討時において土壌汚染や埋設廃棄物などによる 土地価値の下落や、開発計画変更のリスクを把握することができます。

土壌汚染調査の詳細へ

土壌汚染は、土地価値の下落、周辺環境の汚染、開発計画への影響等様々なリスクを生じます。
幅広い分野での豊富な経験をもとに、調査、測定、分析、コンサルティングなど、様々なサービスを提供します。

物件の解体時に

アスベスト調査(含有の有無・大気中の濃度)

解体時には、事前の調査として、アスベスト含有建材の有無を確認するとともに、解体工事に伴い発生する粉じんによる周辺環境への影響を把握する必要があります。

PCB調査・分析(絶縁油・シーリング材)

PCBが混入した絶縁油は、特別管理産業廃棄物となるため、設備の更新時や建築物の解体時には、含有の有無を確認する必要があります。

物件の建築時に

建設発生土分析

基礎工事の際に発生する建設発生土については、処分地ごとに定められた項目の検定試験が必要になります。

工事環境管理支援

工事騒音・振動はもとより、大気へ拡散する粉じん問題、地下水への影響など、建設工事による周辺環境への影響を、施工企業として適切に把握・管理することが求められています。

販売前に

室内空気環境測定

「シックハウス症候群」の原因となるホルムアルデヒドや揮発性有機化合物の測定を建設会社からの建物受け渡し時や購入者への引渡し前に行うことが求められます。

住環境情報レポート

住まいの安全や暮らしやすさ、財産としての将来性について、専門家が客観的に評価し、レポートします。 高度化するお客様のニーズにお応えするために、また安心の付加価値としてご活用ください