建設発生土分析(残土分析)

豊富な情報に基づくサービス体制

当社は、関東圏の建設発生土(残土)に関する最新情報を常に入手しており、サンプリングから報告書の発行まで適切かつ迅速に対応します。

背景・現状

zando.jpg受入地の土壌汚染防止のため、自治体や財団法人、民間受入地では、それぞれ建設発生土(残土)の受入基準が設定されています。そのため分析項目、分析方法、分析検体数及び添付書類等、受入れ先ごとに異なった対応が求められます。

また、千葉県に搬出する場合、深度方向についても検査を実施するよう行政の指導が厳しくなっており、ボーリングによる調査が増加しております。

当社では、主な建設発生土受入れ先について簡潔にまとめた『受入れ先要領一覧』及び『基準値一覧表』をご用意しております。ご入用の方は是非お問合せください。

搬入手続きの流れ(例)

搬入手続きの流れ