生活環境影響調査(生活アセス)

計画の立案から環境への配慮に至るまでサポート

当社は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(略称:廃棄物処理法または廃掃法)」に基づく現況調査・予測・評価を行うとともに、必要に応じて行政との打合せ、調整など一貫したサービスを提供します。

生活環境影響調査とは

廃棄物処理施設の設置計画段階で、周辺の生活環境に及ぼす影響を調査し、その結果に基づいて生活環境に配慮した対策を検討し、計画を進めるものです。
「廃棄物処理法」により、対象となる廃棄物処理施設については事前の生活環境影響調査が義務づけられており、行政官庁への書類の届出などの手続きが必要です。

生活環境影響調査の流れ

周辺環境への環境負荷を改善・低減することを目的とし、それらの要因を監視するための調査、分析及び解析、改善を行います。

生活環境影響調査のフロー

生活環境影響調査実績(2006年~2016年)

対象施設対応件数〈変更〉対応件数〈新設〉主な調査項目
紙圧縮梱包機8件 騒音、振動、粉じん、悪臭、水質
コンクリート破砕4件 騒音、振動、水質、悪臭
コンクリート固形化施設2件 騒音、振動、悪臭
RDF製造機1件 騒音、振動、大気質
汚泥乾燥1件 騒音、振動、悪臭
廃プラスチック破砕機2件 騒音、振動
がれき類破砕4件 騒音、振動、悪臭
木材破砕機1件2件騒音、振動
紙破砕 1件騒音、振動
金属破砕 1件騒音、振動、悪臭
堆肥化施設 2件騒音、振動、悪臭
焼却施設1件1件騒音、振動、悪臭、大気質

※調査項目は変わることがあります。