化学物質管理者講習【リスクアセスメント対象物を取り扱う事業場】

化学物質管理者講習2日間~リスクアセスメント対象物を製造する事業場向け~はこちら

労働安全衛生規則等の一部を改正する省令により、リスクアセスメント対象物の製造、取扱い又は譲渡提供を行う事業場ごとに、化学物質管理者の選任が必要となりました。
 オオスミでは、化学物質管理者の選任要件である、労働安全衛生規則(第12条の5第3項第2号のロ)に定める化学物質管理者を選任するために望ましいとされる、化学物質管理者講習に準ずる講習を行います。

開催概要

化学物質管理者講習1日間
~リスクアセスメント対象物を取り扱う事業場(RA対象物の製造事業場以外の方)向け~

  • 開催日:2024年2月15日(木)満席
  •      2024年2月16日(金)追加開催➡満席
         2024年3月21日(木)満席
         2024年4月25日(木)追加開催

  • 場所:株式会社オオスミ 東京支店会議室
    東京都千代田区神田猿楽町2-1-14 A&Xビル
    JR御茶ノ水駅から 徒歩約8分
    東京メトロ神保町駅から 徒歩約6分
  • 受講料:15,000 円(教材費・消費税込)
    ※教材は会場で配布
  • 定員:10名
  • 主催:株式会社オオスミ
化学物質管理者講習【製造事業場向け】
お申込みいただいた方限定!
過去のオオスミ環境Webinarより、労働衛生セミナー2回分のアーカイブ動画無料視聴特典をご用意しました。
◆講習会に関するお問い合わせはこちら

カリキュラム

9:25~9:30オリエンテーション
9:30~10:00関係法令
10:00~11:35化学物質の危険性及び有害性並びに表示等
11:35~12:25休憩(昼食)
12:25~14:30化学物質の危険性又は有害性等の調査
14:40~16:15化学物質の危険性又は有害性等の調査の結果
に基づく措置等その他の必要な記録等
16:15~16:45化学物質を原因とする災害の発生時の対応
16:45~17:00質疑・修了証授与

Q&A

Q.リスクアセスメント対象物を取り扱っている事業場かどうかは、どこで確認できますか?

sdsrei.png事業所で使用している、化学物質の安全データシート(SDS)で確認できます。
SDSの「15.適用法令」欄に、「労働安全衛生法の表示対象物・通知対象物(表記は発行元により異なります)」と記載されている場合は、表示対象物・通知対象物=リスクアセスメント対象物=化学物質管理者の選任が必要、となります。
なお、SDSは頻繁に改定されるため、"必ず"<最新版>を入手して確認してください。

講習会の実績

開催日 講習名
R6.2 化学物質管理者講習1日間 ~リスクアセスメント対象物を取り扱う事業場
(RA対象物の製造事業場以外の方)向け
R5.10 化学物質管理者講習2日間 ~リスクアセスメント対象物を製造する事業場向け~